CXL Memoryの実現に向けて

Marvell Acquires Tanzanite Silicon To Enable Composable Server Architectures Using CXL Based Memory Expansion And Pooling (semianalysis)より。

Marvell がTanzaniteを買収した。Tanzaniteは、Smart Logic Interface Connector (SLIC)というCXL Memory接続用のI/Fチップを開発している。同様のシリコンはAstera Labs, Rambusも開発中である。

これらの技術により、メモリ帯域幅を維持しつつメモリ容量を拡大し、サーバコスト削減につながると期待されている。

関連記事

CXL Memoryの実現に向けて” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。